1. TOP
  2. 妊娠
  3. 出産費用・準備
  4. 出産手当金はいつ振り込まれる?計算方法や申請の仕方を紹介!

出産手当金はいつ振り込まれる?計算方法や申請の仕方を紹介!

出産費用・準備
この記事は約 5 分で読めます。 121 Views

働くママが増え、産休や育休を
取得する方は多くいます。

そんなママが産休をとって

出産をした場合、出産手当金を
受けとることができます。

出産手当金とは、産休中の生活を
サポートするお金として、ママが
加入する保険組合から支給される
お金です。

そんな出産手当金ですが、
実際にいつ振り込まれるのか、
また申請の方法や支給額についても
知らない方も多くいますよね。

そこで今回は、出産手当金は実際に
いつ振り込まれるのか、
計算方法や
申請の仕方まで
ご紹介したいと思います。

いざというときスムーズな申請が行える
ように、ぜひ参考にして下さいね。

Sponsored Links



出産手当金はいつ振り込まれるの?通知書は届く?

出産手当金と聞くと、
出産したら貰えるというイメージが
ありませんか?

しかし実際には
口座に振り込まれるまでは
結構時間がかかります。

ではどのくらいかかるのか、
その理由も見てみましょう。

一般的に産後2ヶ月半から4ヶ月後くらいに支給!

出産手当の申請には、
産後56日後の産休後に、
勤務先で申請書の必要事項を
記入してもらって提出する必要が
あります。

そして勤務先に申請してから
保険組合へ審査に出すので、

実際には産後2ヶ月~4か月後に
出産手当金が振り込まれる
ケースが多いようです。

出産手当金が振り込まれたときに支給決定通知書の通知が届く

出産手当金が振り込まれた時、
会社を通して支給決定通知書の
通知が届きます。

タイミングは会社によって
それぞれですので、しっかりと
確認するようにしましょうね。

出産手当金の計算方法はどうやるの?

では次に、
出産手当金の気になる計算方法を
ご紹介します。

出産手当金で貰える金額は

[標準報酬月額の2/3×産休日数]

です。

この標準報酬月額とは、

1か月の基本給・各種手当・残業代
などの平均を、きりの良い数字で
出したもので、

毎年1回、4月・5月・6月の給料の
平均額を用いて国が決めています。

ちなみに健康保険は第1級の5万8千円
から第47級の121万円までの全47等級
に区分されています。

例えば

標準報酬月額が30万円のママが
産休をフル(98日間)でとる場合、

日給=300,000円÷30=10,000円

ということになり、
先程の式に当てはめると、

出産手当金=10,000円×2/3×98日間
=653,366円

Sponsored Links



出産手当金の申請方法を5つの手順で解説!

出産手当金の計算方法が
分かったところで、

次に出産手当金を申請する際の
手続きについて、細かくステップ
ごとにまとめてみました。

スムーズな申請のために、
ぜひ参考にしてくださいね。

①受給資格を勤務先に確認して支給申請書を入手

申請の前に、まずは
受給資格があるかどうかを、
勤務先に確認しておきましょう。

せっかく申請しても、
受給資格がなければ
無駄になってしまいます。

加入している健康保険によっては、
受給資格がない場合もあるので
注意しましょう。

そして資格があることが分かれば、
産休前に勤務先で申請書を
もらいましょう。

②出産する病院で必要事項を書いてもらう

出産で入院する際に、
必要事項を記入した申請書を持参し、
病院側にも医師の証明を記入して
もらいます。

病院によっては文書料として
数千円かかる場合があります。

Sponsored Links



③産休後に勤務先に支給申請書を提出し、必要事項を書いてもらう

産休後に勤務先に申請書などを提出
し、必要事項を記入してもらいます。

郵送でお願いできるかも確認を
してみましょうね。

④勤務先の健康保険担当者や健康保険窓口に提出する

ここまでで全ての必要事項が
記入できたら、

勤務先の健康保険窓口、または
協会けんぽなどに
提出します。

提出先は会社によって様々ですので、
事前に確認しておきましょうね。

⑤申請後2週間から2ヶ月~4ヶ月後くらいに支給される

申請書に記入漏れや記入ミスが
特になければ、

出産後から2ヶ月~4か月後くらいに
出産手当金が
振り込まれます。

保険組合によってもタイミングは様々
で、中には早い場合もあるようです。

また先ほども言いましたが、
出産手当金が振り込まれた時には、
支給決定通知書の通知が届きます。

そこで支給されたことを
確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は出産手当金について、
実際にいつ振り込まれるのか、
また計算方法や申請の仕方まで
ご紹介してきました。

ポイント
  • 産後2ヶ月~4か月後に
    出産手当金が振り込まれる
  • 振り込まれたら支給決定通知書が届く
  • 出産手当金の計算方法は
    [標準報酬月額の2/3×産休日数]
  • 申請の仕方は5ステップ!

貰えるのは知っていても、
詳細を詳しく知らなかった
という方も多いのでは
ないでしょうか?

いざ申請しようとしたときに準備不足で
困ってしまわないように、前もって
しっかりと準備しておきましょうね。

Sponsored Links


【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

プレmemoの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

プレmemoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ももこ

ももこ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊娠検査薬が陰性なのに生理こないで二週間の原因は?対処法も紹介!

  • 出産後の健康保険の加入手続きを3つのSTEPで解説!

  • 妊娠検査薬の正確さランキング!感度&精度が高いおすすめ5選

  • 妊娠検査薬を売ってる場所はどこ?通販から店舗まで一覧で紹介!

関連記事

  • 出産準備にかかる費用の平均をまとめてみた!

  • 妊娠から出産まで費用の総額は?補助や保険など節約術まとめ【完全版】

  • 出産後の健康保険の加入手続きを3つのSTEPで解説!

  • 出産育児一時金の申請方法は?支給金額と直接支払制度も解説!

  • 出産の費用は分割払いできるの?足りない場合の解決方法!

  • 妊娠したら里帰りはいつから?生活費&お礼に必要なお金は?